薪火焼珈琲 焚き火スクエア編

皆さんこんばんは。タキビストBo-taです。


元気に薪活してますか?


今回焙煎に使った焚き火台は

【tent-Mark DESIGNS】の【焚き火スクエア】です。




なかなかよく燃える燃焼効率の良い焚き火台なので、いい感じに焙煎器の温度も上げられるのではないかと期待しています。


そして、今回は焙煎器の中の温度がどのような感じで上がっていっているのか確認するために、焙煎器にドリルで孔を開けて、温度計が差し込めるようにしました。



この温度計は、【CUSTOM】の【CT -600BT】というもので、スマホとBluetooth接続してログも取れるという優れもの。


(今調べたら、生産終了って書いてある!!在庫あるうちに買い足しておこうかなぁ。)


今回は、この温度計でログを取りながら焙煎します。




それでは早速焙煎していきましょう!



まずは、生豆の状態で重さがどのくらいあるか計測。

ちょっと薄くて見えにくいですけど、60.5gです。


では、焙煎していきます。