自己紹介

更新日:5月11日

みなさん、初めまして。

タキビストBo-taです。


自己紹介をしながら、タキビストとは何だ?Bo-taとは何だ?という疑問についても書いていこうと思います。





小さい頃から外で遊ぶのが好きで、休日には近所の仲良し家族と一緒にグループキャンプに連れて行ってもらったりもしていました。


そして、BBQの後に子供たちだけで木の枝を拾い集めてきて、熾火になった炭が入っているBBQグリルの中に放り込んで燃やし、立ち昇る炎を見て「杉の枯れ枝めっちゃ燃えるやん!」ってテンション上がったことが記憶に残っています。



中高では部活で野球に明け暮れていましたので、キャンプからは一時遠ざかります。



そして大学生になり、春休みや夏休みになると、友達と「高速は使わず下道オンリー」というルールを作って、車で旅行に行ってました。


宿泊代を抑えるためにキャンプ場に泊まっていましたが、テントは張らずにコテージ等に泊まってました。



社会人になり、山登りに行くようになって自然と触れ合う機会が増え、「久々にキャンプにも行きたいな」と思い始めました。

山頂での珈琲タイム

そして、最初に買うテントを何にするか、インナーを何にするか悩みに悩みました。


フォルム、設営の手軽さから、自然とワンポールテント1択になり、あとはどのワンポールテントにするか決断するだけです。

スケッチアップを駆使

そして、決断し、色々と買い揃え、ドキドキのソロキャンプデビューと相成りました。


せっかく丈夫な鋳造ペグを買ってたのに家に忘れてしまい、結局付属の貧弱なペグで設営しないといけなくなってしまったりトラブルもありましたが、なんとか設営完了。

(この辺のドキドキ初キャンプの詳細については、また今度)

ドキドキ初ソロキャンプ

そして薪に火をつけ、焚き火で調理し、焚き火を眺めながらお酒を飲みました。


揺らめく炎を眺めていると、あの小さいころに感じた火遊びのワクワク感がよみがえってきて、すっかり焚き火の虜になりました。


はい、そうです、「TAKIBIST Bo-ta」誕生です。


TAKIBIST(タキビスト)とは、このように焚き火の虜になった人、焚き火をこよなく愛する人のことです。




次に「Bo-ta」という名前についてですが.....

ワンポール(1本"