焚火台紹介(焚き火バッグ(スタンダードセット)[re・mo])

更新日:5月11日

皆さんこんばんは。タキビストBo-taです。


元気に薪活してますか?


今回紹介する焚き火台はこちら。


可愛いバッグ

なんだ、バッグじゃないか!

と思ったあなた、実はこの可愛いバッグが焚き火台になるんです。


組み立てると...

焚き火バッグ

じゃーん、こんな感じの焚き火台になります。


こちらは、ADVENTURHYTHM HUNTER Re・mo さんの 焚き火バッグ です。


スタンダードというスチール製のものと、ステンレス製のものの2種類ありまして、私が所持しているのはスチール製のものです。


現在所持している焚き火台がステンレス製が多かったので、スチール製を購入してみました。



それでは、早速サイズ感が分かるように薪を載せてみましょう。

ご覧のように、コンパクトな焚火台なので、一般的な薪のサイズだとだいぶはみ出してしまいます。


スケールも当ててみましょう。






200×210 高さ150程度です。

本体がV字になっていますので、一番低いところで40くらいです。


大きな薪ははみ出してしまうのですが、薪を置く空間はそこそこあるので、すぐに燃え尽きそうになってちょこちょこと薪をくべないといけないというようなこともなく、燃えてきた薪が外に落ちないように注意して置き直しながら焚けば大丈