《イベントレポ》TAKIBIBA ROASTER1113

皆さんこんにちは。タキビストBo-taです。


元気に薪活してますか?



今回のブログは、昨年行った【TAKIBIBA ROASTER】についてのレポートです。


今まではずっと西海市西海町の【さいかい元気村】さんでイベントを行っていたのですが、今回は西彼杵郡長与町にある【潮井崎公園】にて初めてイベントを行いました。


オーシャンビューで非常にロケーションのいいところなので、イベントで使いたいなと思い役場に相談したところ、快く使わせていただけることになりました。


そこで、いつかやりたいと思って温めていた企画

「煎りたて」「挽きたて」「淹れたて」にこだわった喫茶店を、オーシャンビューが素敵な潮井崎公園にオープンさせることにしました。


どういうものかというと、自分たちで珈琲豆を焚き火で焙煎し、そして焙煎したての豆をその場で挽き、珈琲を淹れるという、体験イベントです。


初めてイベントを行う場所、初めての試みのイベントなので、うまくセッティングできるかドキドキです。



とりあえず、買ってきたお弁当(【ファンタスマーケット】さんで購入)でさっとお昼ご飯を済まし、設営開始です。


潮井崎公園は風が強い日が多いので、風防があったほうがいいです。

この写真を見て「あれ?」と何か気が付いた方、長崎県民ですね?


そう、このロゴは、【カリオモンズコーヒー】さんのロゴ。


以前いただいた珈琲豆を輸送する際に使う麻袋を、風防として使うことにしました。


色合いがアウトドアにぴったりやし、ロゴや英字がかっこいいし。


狙い通り、いい雰囲気です。


カリオモンズさん、ありがとうございます。



そして、看板とカップスタンドも設置完了。

参加者の方には、ここからお好きなデザインのシェラカップを選んでもらって、それで珈琲を味わっていただきます。



今回は、上手に焼けたら焼き芋を提供しますと告知していたので、焼き芋作りもスタート。


缶の中に芋を吊るして、それを焚き火で下から熱して、オーブンで焼くような感じでやってみました。


なんとか無事に焼き上がってほっとしました。



あとは、焚き火台をセッティングし、火をつけ、皆さんがお集まりになるのを待つばかり。



参加者の中でデイキャンプをされている方がおり、その方がイベント場所に焚き火台を移動してくださったので、ちょっと見させていただきました。

初めて見る焚き火台です。


ふむふむ、ロースタイルの焚き火台ですね。

無骨でかっこいい。


横長で薪も焼べやすそう。


五徳になるバーも、高さ違いで2種類あるのもいいですね。


まだまだ知らない焚き火台がたくさんありますね。


焚き火台収集家としては、これも是非とも欲しい1台です。





そうこうしているうちに時間になりましたので、イベント開始です。


最初に簡単に流れを説明し、各自焚き火台に別れて焙煎スタート。


1人遅れると連絡のあった方がいたので、その方の分の火を見守りつつ、火が勿体無いので私も焙煎しました。


なかなかいい出来ではないでしょうか。


参加者の方々からも

「色が変わってきた!」「いい匂いがしてきた!」などの歓声が聞こえてきます。


楽しんでいただけているようで何よりです。


初めての試みのイベントで余裕がなかったので、皆さんの写真を撮れていないのが心残り。




遅れると連絡があった方も無事に到着し、焙煎開始。


ちょっと薄暗くなってきちゃったので、豆の色の変化が見にくかったと思いますが、なんとか無事に焙煎完了。


終了時間が迫ってきていたためあまりゆっくり飲めなかったかもしれませんが、自分で煎った豆で淹れた珈琲を堪能していただきました。


こうして、今回のイベントも無事に終了。



今回も、参加者の方が片付けを手伝ってくれました。


毎度毎度ありがとうございます。

いつも、参加者の皆さんの優しさに救われております。


そして、長夜町役場の方、潮井崎公園の管理人さんたち、お世話になりました。

もっと盛り上げられるように、今後も頑張ります。


本当にありがとうございます。



冬は風が強くて寒いから、また春になったらイベントで使わせていただきたいな。

よろしくお願いします。



こんな景色のいい場所で、珈琲豆を煎って、挽いて、淹れて飲む。


最高の贅沢ですよね。


皆さんのご来店、お待ちしております。





アフター5編は、また後日。


では、また△

閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示