《イベントレポ》試焚会1030

更新日:4月30日

皆さんこんばんは。タキビストBo-taです。


元気に薪活してますか?


だいぶ前のイベントなんですが、ようやくレポートを作成しました。

遅くなってしまって申し訳ありません。


試焚会とは?という方は、イベント開催の案内記事をご覧ください【こちらをクリック


焚き火が美しく見えるのはやっぱり夜なので、今回は”夜の”試焚会として、夕暮れから夜にかけての開催としました。


ただ、もう少し早い時間であれば参加できるという方もいらっしゃったので、ちょっと早めスタートと、予定通りスタートの2部構成としました。


まずは、西海市のキャンプ場に行くときの私のルーティーン、【竹の家】さん、【ふれあいの里清水】さん、【西彼とれたて処】さんに寄って、食材を調達していきます(自分のキャンプ用)


さいかい元気村に到着。


そして、ラックちゃんの荷台の上で昼食タイム。


こくうぞうの森の方が薪を置きに来られてたんで、ちょっとお話しました。

スウェーデントーチを新たに販売しようとしているとのことで、今お試しでみんなに使ってもらって、アンケートに答えてもらっているとのこと。


ありがたく試させていただきます!



準備を進めていると、お客さん到着。

試焚会スタートです。


焚き火に使う道具の説明、焚き火の流れなどを一通り説明し、早速薪割りを体験していただきます。

まずは、子供でも安全に割りやすいキンドリングクラッカーに挑戦。

これは、スミヤキッカスさんの分解してコンパクトにできる便利なやつ。【詳細はこちら

こんな感じで、子供でも楽しく安全に割ることができます。


続いて、お父さんには斧や鉈を使った薪割りに挑戦してもらいます。



そして、フェザースティック作りにも挑戦してもらいます。

子供も興味津々です。


それならば、ちょっとやってみようということで、お父さんに手伝ってもらいながら挑戦しました。


準備が整ったので、焚き火開始。



今回は、竹に生地を巻き付けてパンを焼くのと、あとは元気村で採れたお芋で焼き芋を作りました。


この親子は、いきなり道具を買い揃えても子供が興味を示してくれなかったら意味がないし、子供の反応を見るために参加してくれたのこと。


小枝を拾い集めて遊んだり、美味しそうに焼き芋を頬張ったり、なかなか反応は良さそうでしたね。


このまま外で遊ぶのを楽しんでくれる子に成長していくといいですね!

将来のタキビスト候補ですね。


焚き火台を何にしようか迷われたら、また試焚会にご参加ください。お待ちしております!




そして、第二部のお客さんも到着。

有難いことに、リピーターの親子と、キャンプ場運営者のゆうきさんとそのお友達。





この子は、前回のイベントの際に私がお勧めした鉈を、貯めていたお小遣いを使って購入したとのこと。


今回は、手斧での薪割りにも挑戦です。



一通り準備も終わったので、第二部も焚き火台に着火。



全ての焚き火台に火が点りました。


後は、各々焚き火を楽しむ時間です。


早速パンを焼いていきます。


美味しく焼けたかな?


ウインナーを持参して、上手に竹の上に乗せて焼いている方も。


やっぱり夜の焚き火は美しいですね。


各々焚き火時間を楽しんでいたのですが、後ちょっとで終了時間というところで、残念ながら小雨が降り出してきてしまいました。


皆さんバタバタと撤収を始めます。


私の焚き火台や道具の片付けまで手伝っていただいてありがとうございました。


最後は雨が降ってきてしまったおかげで慌ただしくなってしまいましたが、こうして無事にイベント終了。


参加者の皆さん、焚き火を楽しんでいただけたでしょうか。


お気に入りの焚き火台を見つけられたでしょうか。



試焚会は

・焚き火をしてみたいがどうしたらいいのか分からない

・焚き火台を買いたいが、何を買ったらいいか分からない

・子供が興味を示してくれるか試したい

・ただ単に焚き火を楽しみたい


そのような方々のご参加をお待ちしております。


皆さんも火を焚いてみませんか?


人生に、火遊びを。



アフター5編(今回は5ではないけど)は、また後日アップします。

アフター5編更新


では、また△


閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示